地中海コスタ・ブラバCosta Bravaの小さな入り江へ

夏の避暑地としてヨーロッパから多くのバカンス客を集める、スペイン・カタルーニャ北部の海岸コスタ・ブラバCosta Brava。海岸に隣接する村はたくさんありますが、その中でひとつ、お気に入りを挙げるなら、バグール(ベグールBegur)です。魅力的で多彩なビーチへのベース地として、カップルにも家族連れにも女子グループにも人気の村です。

バグール浜1000

古城のある丘の麓に佇むバグールの集落からは、サ・トゥナsa Tunaやアィグアフレダ Aiguafreda、サ・リエラsa Rieraなどの隠れビーチはすぐ近く。豊かな自然に囲まれ地中海を見晴らす傾斜地には、フラメンコの伝説的大バイラオーラ(踊り手)カルメン・アマヤCarmen Amayaの夏の家がありましたが、いまも残っているのでしょうか。

バグール浜子ども500

サ・トゥナsa Tunaのビーチは小石のビーチ。深く切り込んだ小さな入り江は、プライベートビーチといえそうなほど親密な雰囲気。緑が生い茂る岩山に挟まれ、穏やかな地中海の潮の流れと、吹きぬける風。最高のお昼寝ポイントです(笑)。

バグール海800

サ・トゥナsa Tunaから北東にのびる岸壁沿いの歩道は、砂浜のアイグアフレダAiguafredaへの近道。潮風に吹かれ青い地中海を眺める自然散策は忘れられません。

アイグアフレダ歩道1000

夏のバグール村は、夜風に包まれる中庭付きのレストランや、音楽が心地よいオープンエアのバル、月影が揺れるプールサイドのクラブなど、ひと夏の出会いを演出するナイトシーンも充実。老いも若きも恋には前向き。いいな〜と思いました。

バグール町800

お土産といえば、バルセロナへの帰り道にぜひ寄りたいのが、陶器の町ビスバルBisbal。ガウディ建築の全盛期、ここで作られた陶器がたくさん使われたそうです。自然を謳歌するコスタ・ブラバの思い出に、素朴な食器はぴったり。

ビスバル陶器屋800

◆注意点◆

入り江に並ぶレストランのテーブルを予約するなら、ビーチ到着後すぐに。もしくはバグールの宿でたずねてみて。(10年ほど前が最終訪問なので、情報は古くなっているかもしれませんが)ビーチにはそれぞれ駐車場あり。ハイシーズンは遅く到着すると満車必至。以前は路駐もありましたが、いまはとてもうるさくなっていると思います。新しい情報がありましたら、ぜひ教えてください〜

◆map◆


大きな地図で見る

◆所要日数◆

バルセロナを基点にして、バグール(ベグールBegur)、パルスPals、ペラタリャーダPeratalladaとまわるなら、最短1泊2日。ビーチやナイトシーンも楽しむなら最短2泊3日。「ダリ美術館」や「ガラの城」を加えるなら、3泊4日はほしいところ。慣れない場所の運転なので、所要時間は多めにとること。

◆交通情報◆

バルセロナからレンタカー。ご紹介したビーチへはバグール(ベグールBegur)中心から車で15〜20分ほど。

※上記情報は参考まで。再度確認の上、無理のない旅計画をお勧めします。

関連記事

地中海コスタ・ブラバCosta Bravaの小さな入り江へ” への2件のコメント

  1. 仕事にちょいと飽きて、久しぶりに覗いてみたら、素敵なスペインの記事が。。。コスタブラバ行きたい!

    • のぞいてくださってありがとうございます〜!
      コスタ・ブラバ、来年はぜひぜひご一緒しましょう〜。

コメントは受け付けていません。