バルセロナの下町が舞台の映画『TAPASタパス』無料上映会

バルセロナの下町を舞台に5つの物語が織りなす映画『TAPASタパス』が、東京四谷のセルバンテス文化センターで無料上映。カタラン語の会話も含まれていたんだっけ? とにかく、スペイン語字幕付きだそうです。つまり日本語字幕なし、ってこと?

映画『TAPASタパス』は、6、7年前の「ラテンビート映画祭」で一度観たと記憶しているのですが、市井の人々の希望や戸惑い、喜びや哀しみが、ときに可笑しく、ときに切なく迫ってくるとてもよい映画でした。会話を全部、分かる必要はないと思います。だって日本語だって分からない会話っていっぱいあるし。感じることが大切。というわけで、スペイン語勉強中のわたしは行きます〜!

『タパス』映画上映会

あらすじsinopsis
http://www.labutaca.net/films/32/tapas.htm

関連記事