スペインワインフェア

たまたま通った新宿高島屋の地下、食料品売り場でスペインワインフェアに遭遇。

なんと、「CIRSION/シルシオン」(2007)が売られていて、思わず立ち止まってしまいました。
「幻の!」と形容したくなるほどなかなかお目にかかれないワイン。お値段は、1本42000円でした。

「シルシオン」は、スペイン・リオハの小規模凄腕のワイナリーRODAの厳選酒。樹齢百年に近い古株に実るブドウを木になった状態のまま熟成を進ませるという、酔狂で悠長、贅沢極まりないワインなのですが、その味はプレミアムもの。目から鱗です。
真円の芳醇濃厚なワインジュース、とでもいいましょうか。口のなかで広がる味は、ワインのカテゴリーを飛び越えた、美的飲料、新しいコンセプトのワインなのだそうです。分け前にあずかれるなら、一度は味わってみたいお酒です。

売り場の人がいうには、今回のノーベル賞受賞者晩餐会で、受賞者とその家族、皇族にのみ、このCIRSIONが振舞われたとか。
さすがというか、やはりというか。

さて、RODAのワインで有名なのが、「RODA UNO」。「 RODA Ⅱ」が見当たらず、そのかわり、以前にはなかった「RODA」というワインを見つけ、尋ねてみると、中身は「 RODA Ⅱ」だそうで、単に名前を変えただけなのだそうです。
セカンドクラスと思われがちだったため、「Ⅱ」をとることで、「RODA UNO」とならぶ、セラーの顔という位置づけを明確にしたようです。
また、セカンドクラスのワイン「SELA」が登場というのもニュースでした。「SELA」は、比較的お手頃な値段で、ワイナリーRODAの心粋を味わうことができるそうです。

RODA2006のプロモーションビデオ
・・・スペインワインについてのスペイン語ボキャブラリー習得にも、va bien!!

◆RODAのホームページ

RODA探訪の記事
※残念ながら現在は記事を読めません。

このスペインワインフェアは3/8火曜日まで。
お近くに行かれる際はぜひ寄ってみて。
「シルシオン」を除く(残念!)、各種ワインを試飲できます。

関連記事