フラメンコギター沖仁の新譜

日本を代表するフラメンコギター奏者、沖仁(オキ ジン)。彼の7枚目のCDアルバムが9月25日に発売されるそうです。

ところで、わたし、ギターを聴くことが不得意であることに数年前に気づきました。「これはいいよ〜」と教えてもらったギター演奏も、「きれいだけど、共鳴できない」し、平たくいえば「ぜんぜん興奮しない」のでした。たとえば、フラメンコにしても、カンテ(フラメンコの歌声)とは違って主人公になりにくい、と決めてかかっていました。たぶん耳が悪いのです。
その後、せっせとギターの音に耳を澄ませるようにしてみたら、案外、努力の甲斐があるようで、ギターが好きになりました。好きなものが増えるというのは、いいものです。

そんなわけで、改めて耳を傾けたいと思ったのが、沖仁のギター。パコ・デ・ルシアも、ビセンテ・アミーゴも素晴らしいのですが、日本の響きもしっかり聴いてみたいと思いました。

で、今回リリースされるアルバムは、各ジャンルのトップアーティストとの真剣勝負、台本のない「音の対話」だそうで、つまりセッション? タイトルは『Dialogo [ディアロゴ] 〜音の対話〜』です。

参加アーティストは、
上妻宏光 (三味線)、押尾コータロー (acoustic guitar)
木村大 (classical guitar)、coba (accordion)、玉置浩二 (vocal) 
東儀秀樹 (篳篥, 笙)、東京フィルハーモニー交響楽団
ドローレス・アグヘータ (cante)、野崎良太 (keyboards, etc)
MIYAVI (vocal, acoustic guitar)、渡辺香津美 (acoustic guitar)。

ただいま熱烈大注目のギタリストMIYAVI、それにMIYAVIと驚愕のセッションで日本芸能の奥行きを見せつける三味線奏者の上妻宏光も名を連ねています。とっても楽しみです♪

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)