『蝶の舌』の原作『¿Qué me quieres, amor?』を音読

スペイン・ガリシアの作家マヌエル・リーバスManuel Rivasの短編集『¿Qué me quieres, amor?』を読み始めました。なんでかというと、昨日アップした映画『蝶の舌 La lengua de las mariposas』は、短編集『¿Qué me quieres, amor?』のなかの『La lengua de las mariposas』『Un sexo en niebla』『Carmiña』という3作品をベースに作られた映画なのだ。

quemequieres600

『¿Qué me quieres, amor?』は、詩的な(に思える)文体と比較的分かりやすい言葉遣い。ネイティブではないので、あくまで印象でしかないのですが、うっとりするような文体です。

映画のタイトルともなった『蝶の舌 La lengua de las mariposas』は、主人公モンチョの一人称で語られる物語。なので、言葉も平易。たとえばこんなかんじ。

Dos de mis tíos,como muchos otros jóvenes, habían emigrado a América para no ir de quintos a la guerra de Marruecos. Pues bien, yo también soñaba con ir a América para no ir a la escuela.

おもらしをしちゃった少年モンチョになったつもりで声に出して読んでみると、雰囲気が出て楽しい~。

しばらくスペイン語学習もせずにいたので、『蝶の舌 La lengua de las mariposas』で音読学習でもしてみようかな。ここのところ、前向きな気持ち♪
ちなみに翻訳版もありました。

スペイン語版

日本語版