第4回スペインワイン祭り その4

「第4回スペインワイン祭り」では、特設料理ブース「バル・デ・プルス・ウルトラBAR DE PLUS ULTRA」が設けられました。関東スペイン料理コミュニティ「プルス・ウルトラPLUS ULTRA」に参加する若手シェフたち自慢の「パエリア」や「エンパナーダ」「カジョス」など本格的なタパスが11種類(有料/一皿500円)が用意され、列ができる大賑わい。美味しいタパスに、さらにワインが進みます。

pulposalagallega600

「タコのガリシア風」の「タコ」はやわらかで美味しくて、おかわりしたいほどでした〜。

「タコのガリシア風」にあわせるなら、地元ガリシアワインを飲みたいと、D.O.リアス・バイシャスの「フィジャボア・アルバリーニョ2012」を探しましたが、残念ながら迷子になり、同じくガリシア、D.O.バルデオラスのゴデージョ100%白ワイン「バルデシル Valdesil 2010」をいただきました。シュール・リーで丁寧に造られた「バルデシル Valdesil 2010」はミネラルと青りんごの香り。うまっ。美食エリア、ガリシア地方は、ほんとに奥が深い。

Valdesil 2010
godello100%
D.O.Valdeorras
Bodegas Valdesil社

お腹も満たされてくると、甘いワインが恋しくなります。
コストパフォーマンスのよい厳選スペインワインを揃える「DHC」では、「エス・ナランハ」をいただきました。チャーミングなボトルは、国際デザインコンペテションで金賞を獲得しているそうです。噂には聞いていましたが、中身のワインもお見事! オレンジの香りがパッと広がるデザートワインは、アイスクリームにかけても美味しそう。

S Naranja
(Generoso de Licor)
Pedro Ximénez, Palomino Fino
15%vol.
Bodegas Sauci

すっかり酔ってしまったのと、出品数の多さと人の多さで、目が回り、試飲できずに終わったワインがたくさんあります(涙。また来年を楽しみに。
飲んで食べて、美味しいスペインワインに驚いて。。。本当に幸せな1日でした。

関連記事