カタルーニャ独立の気運

経済危機のスペインで、カタルーニャの独立の気運が高まっています。それについて、9月16日、E.U.からは「スペインからの独立を果たすならば、E.U.からも外れることになる」と厳しい回答(大衆紙EL PAIS)

カナル

聞くところによれば、経済基盤の盤石なカタルーニャとしては、長い間、他の州のために自分たちの税金が使われてきたといういらだちがあり、さらに中央政権からは多くの経済的協力を求められるという立場にあるそうです。またカタラン人の間では、30年このかた、経済的ゆとりのある州から循環してくる支援で、努力もせずのんびりと暮らしている州はどうなっているんだ、という見方もあり、ここへ来ての経済危機。爆発させたい不満はてんこもり。さらに中央政権からは、カタラン語へのリスペクトもなく、もっと問題なのは、この爆発寸前の怒りについて、政府は耳を貸そうともしないし、どのくらいの人々が独立したく思っているのか調べようともしない、というあたりで、穏健派のカタラン人も徐々にカタルーニャ独立支持にまわっているというのです。

独立をちらつかせ、スペイン中央への貸付金の返済を促したいなど思惑だけで動いていた時期は過ぎてしまったということでしょうか?

関連記事