中世の竪琴

スペイン北西部にあるサンティアゴ・デ・コンポステラは、カトリック三大聖地のひとつとして世界中から敬虔なカトリック信者を集める街。
そのサンタ・マリア・ラ・レアル・デ・サル教会にあるロマネスク回廊での、
中世の竪琴を使った演奏映像がとても美しいのです。

曲は、グレゴリオ聖歌『Ave Maria Stella』。

透明な空気の中に、竪琴の音の粒がなめらかに跳びはねているようです。
修道院の回廊はもともと、各コーナーに立ち、小声で話しても、声が伝わるという、高度な反響を考慮されて作られていると以前聞いたことがあります。

雨量の多いサンティアゴ・デ・コンポステラの光と影は、スペインとは思えないほど軟らかく、どこかノスタルジックな気持ちを誘うから不思議です。