グラシア地区Grácia探訪 その1

バルセロナの魅力がつまった地区といえば、ゴシック地区やモデルニスモ時代の名建築が並ぶアシャンプラ地区、また近年注目されているボルン地区がありますが、もうひとつ、インテリジェンスでリベラルな若者に人気のグラシア地区Gráciaがあります。メトロの駅でいえば、フォンタナFontana。駅から南東方向にあるソル広場Plaza del solあたりを中心にバルや、90年代後半からは異国籍料理屋がたくさんオープンした地域。町に漂うリベラルな雰囲気は、もしかしたらスペインでは珍しかった、字幕つきの、社会派・アート系などの外国映画を単館ロードショーする映画館Cines Verdiが核になっていたのかもしれません。

vom_interior1000

グラシア地区最西端リベルタッ市場Mercat Llibertat/Mercado de la Libertad へと歩を進めると、オリーブオイルとバルサミコを売っているにぎやかなお店を発見。お客さんであふれ、楽しげな会話が漏れてきたので、つい歩を止めました。名前は「VOM FASS」。フレーバーオリーブ、バルサミコ、リキュールを量り売りしています。

vom_barsamico1000

バルサミコは、保存料、添加物を一切加えず、原材料のみを使用してバルサミコにしたものだそうで、これがめちゃくちゃ美味しい! 「WALDBURG」というドイツ醸造メーカーが編み出したナチュラルな醸造酢。オリーブオイル各種はスペインのものをメインにそろえていて、これも自然農法にこだわったもの。

vom_articuloa600

さて、陽気な会話の発信源は、店主カルロスさんでした。
「これも、きっと好きよ~!」
そんな感じですべて味見させてくれます。
そのうち、「じゃ、いいものあげる~。売りもんじゃないんだけどねっ」って奥から取り出したのは、イスラエル産のナツメ。見たこともないほど大きくて甘くて。
「ね、驚いたでしょう~? じゃ、甘いものの後は、オ・サ・ケ!」とリキュールも勧められましたが、残念ながら体調がいまいちで、ご辞退申し上げたのが悔やまれます。

vom_carlos1000

ペドロ・アルモドバルの映画に登場しそうなカルロスさんとの出会いに感激。

「いい? 用がなくても遊びにきてね! 買わなくたっていいのよっ。おしゃべりしにきてね~!」と送り出された私の両手にはいつの間にかどっしりと重たい買い物袋がありました(笑。

猛烈に楽しそうなテンションと、デリケートでウイットに富んだ話術に感服。きっとお人柄なのでしょうね。その後バルセロナ滞在中に会う人すべてに「VOM FASS」とカルロスさんの話をして、ぜひ行くようにと勧めたほどでした。

vom_present600

数秒で人を幸せにする魔法使いのようなカルロスさんに、また会いたいな♪

VOM FASS BARCELONA
c/Cigne,14
TEL 93 416 0673

※彼は目下、日本語を勉強中だそうです〜

■旅行予約サイト

★エクスベアのバナー★海外ホテル直前割引【毎日更新!】

◆旅行予約サイト「エクスペディア」情報◆
TカードまたはT-IDを持っているとさらにお得
PCサイトからのホテルの予約で、Tポイントが貯められてさらにお得。海外、国内のツアーでも、ホテル予約金額分がポイント対象になるそう。詳しくは直接お問い合わを。

関連記事