グラシア地区Grácia探訪 その2

bar1000

前述のカルロスさんの店から西へ向かうとすぐにリベルタッ市場があります。そのリベルタッ市場の角にある昔ながらのバルに入り、カウンターでカフェ・コン・レチェをたのみ、ひと休み。買い物帰りのお客さんと冗談を交わすバルのお兄さん。

mercat_fruta1000

リベルタッ市場は改装してとてもきれいになっていました。グラシアGracia駅から1分の場所です。

mercat_jamon1000

右端には、「5J(シンコ・ホタス)」と書かれたハモンの形の黒い袋が吊るされていますw

mercat_queso1000

腸詰め屋さんの一画には、おいしそうなチーズも。

mercat_secas1000

前述のカルロスさんにいただいた巨大干しナツメを売っているお店。ここのスペイン産アーモンドもとってもオイシイ~!

huevos600

外に出たら、素朴な卵屋さんが。2階の窓からはカタルーニャの旗が下がっていました。

quesos600

乳製品と蜂蜜各種を扱っている店グランハ・アルメンゴールGranja Armengol。市場の外、南西の角にあります。
山間部ビックVicの食品会社で、「100%ナチュラルの手づくり製品」を売りにしています。「マトmató」と呼ばれる生チーズとヨーグルトを買って帰りました。

mato1000

マトはカタルーニャでよく知られるチーズ。これに蜂蜜をかけただけの「メル・イ・マトmel i mató」はシンプルで健康的なデザート。ちなみに、マトは0.85ユーロ、ナツメは20ユーロ/kg、トーストしたアーモンドは22.5ユーロ/kgでした。

matocuchara1000

同じくカルロスさんがお勧めしてくれたレストラン「LA PUBILLA」でランチ。リベルタッ市場の南側にあります。シンプルでモダンなつくり。ランチ定食menú del díaが14ユーロ。ちょっと高めですが、カウンターで順番を待つ人でいっぱいの人気店。

pubilla_prim1000

サラダは、レタスにオレンジのざく切り、松の実や細かく切ったハモン。それに甘いバルサミコのソースが絶妙にからんだ重量感のある一皿。カルロスさんのところで買ったバルサミコで、ぜひ真似してみようと思います〜

pubilla_seg1000

メインsegundo platoは、肉の煮込みごはん。ひと皿目のサラダ同様、モダン料理だと思うのですが、ちょっとエキゾチックな味。肉の旨味たっぷりのオジヤと焼き飯の中間かなぁ?

pubilla_menta600

食後は「ミントティーpoleo menta」をたのみました。コーヒーやハーブティーなどは、デザートの替わりにオーダーすればたいてい無料。けれども、デザートも食べちゃったため、別料金1.5ユーロでした。食べすぎたなと思ったときは「ミントティー」で帳消し。

LA PUBILLA
Pl.Llibertat,23
TEL 93 218 29 94

■旅行予約サイト

★エクスベアのバナー★海外ホテル直前割引【毎日更新!】

◆旅行予約サイト「エクスペディア」情報◆
TカードまたはT-IDを持っているとさらにお得
PCサイトからのホテルの予約で、Tポイントが貯められてさらにお得。海外、国内のツアーでも、ホテル予約金額分がポイント対象になるそう。詳しくは直接お問い合わを。

関連記事