バルセロナでカミンス・デ・プリオラートCamins del Priorat!

バルセロナ2日目の夜は、Camins del Priorat 2012で乾杯〜!

camins600

なめらかな口当たり、品のよいバランスのとれたふくらみ。ラベルも素敵ですが、中身も素敵でした。従来のスペインワインらしさを印象づけてきたガルナッチャ種も多く含まれますが、なんだかどんどん洗練されている感じ。こ、こんなにオイシイの〜?
マグロのお刺身ともCamins del Prioratは好相性でした〜。バルセロナはマグロがとっても美味しいのです♪

さて、経営者のアルバロ パラシオス氏Alvaro Palaciosは、1989年に仲間4人とともにプリオラートでスタートし、プリオラートを高級ワインの地として蘇らせた立役者だそうです。アルバロ パラシオス氏はそもそもリオハのワイナリー一家の出。カタルーニャの地に自分の理想郷を開くまでにはフランスのChateau Petrusで知識と経験に磨きをかけるなどその勤勉ぶりも伝えられています。

❖deta❖
Camins del Priorat 2012

Bodega Alvaro Palacios

D.O.Ca.Priorat
14,5% Vol.?

原料 Cabernet Sauvignon, Cariñena, Garnacha, Syrah ※ビンテージごとにブレンドを変えているので、修正の可能性あり。 

樽熟成 8カ月

サービス適温 15℃

関連記事