バルセロナの酒屋ビラ・ビニテカVILA VINITECAで

Agullers通りC/Agullersの人気の酒屋さん「ビラ・ビニテカVILA VINITECA」に立ち寄ってみました。

viniteca3_600

世界的に注目を集めているスペイン固有品種ワインをはじめ、スペインワインを数多く取り揃えています。

ワインの買い方は、これが正しいのかはわかりませんが、いつもお店の人にたずねることにしています。

たずね方はとてもシンプル。
「日本へ数本持ち帰りたいのですが、おすすめのワインはありますか?¿Qué vinos me recomienda para llevar a Japón?」

すると「赤?白?値段はいくらくらいまで?どんなワインが好き?リベラ・デ・ドゥエロのワインとか?」などと聞いてきます。
そしたら、予算や希望を答えればいいと思います。

また英語でたずねる場合は、「英語を話しますか?」と聞いてからのほうが、気持ちのよいもののように思います。

サービス精神旺盛なスペイン人。わざわざ日本から来たのかと思うのか、たいていコスパの素晴らしいワインを紹介してくれます。
ぜひ試してください!

さて、「そんなに高くなくて、しっかりしたボディで、話題性のあるもの・・・」などの会話の後、購入したのはこれです。

LesTerrasses2011_priorat_600

LES TERRASSES VINYES VELLES 2011
ALVARO PALACIOS
D.O.Ca.PRIORAT
ガルナッチャ、カリニェナ、カべルネ・ソーヴィニョン、シラーをブレンドした赤ワイン。数日前にバルセロナで飲んだ「CAMINS DEL PRIORAT」と同じボデーガ、アルバロ・パラシオスのワイン。「LES TERRASSES VINYES VELLES 2010」は「ペニン・ガイド2013」で93ポイントと素晴らしい評価。期待いっぱいです。

もう一本は「PREDICADOR 2011」。ハイクラスワイン「CONTADOR」の醸造家ベンハミン・ロメオBenjamin Romeoが、より多くの人が楽しめるようにと造ったワイン。
飲みましたら、またご報告します。

注)多彩に取り揃えている酒屋さんでも、人気のため品切れや、また地方のワインの品薄などもあるようです。今回はいくつかの酒屋さんをのぞきながら、そんなことも勉強になりました。いずれまた。

関連記事