アシャンプラ地区の酒屋 MAS BACUSで

バルセロナのアシャンプラ地区の小さな酒屋さん MAS BACUS へ立ち寄りました。

1270_650

店主のオヤジさんと話しているうちに、以前からの疑問をぶつけてみました。スペインワインで人気の品種「テンプラニーリョ」と「ガルナチャ」の違いが今一歩分らないんです。。。

テンプラニーリョとガルナッチャはともにスペインを代表するブドウの品種。主に赤ワイン用が知られています。オヤジさんいわく、その違いはテンプラニーリョはどこか口が渇く感じがして、ガルナチャは口の渇きがなく滑らか。どうやらオヤジさんは「ガルナチャ派」。わたしはテンプラニーリョもガルナチャも大好きですが、今度じっくり飲み比べてみようと思いました。

コワモテのオヤジさんは、お話してみるととても親切で気さくな方。地元のワインをメインに揃えているというので、地元価格で憧れのプリオラトワインを買って帰ろうと、「フェレール・ボベFERRER BOBET」はありますか?とたずねると、「お?くわしいな」といわれ、つい得意になってしまいました(冷汗。

フェレール・ボベFERRER BOBETのワインも取り扱っているそうですが、すべて顧客の予約済み。これには驚きました。「フェレール・ボベFERRER BOBET」の素晴らしさは以前このブログで紹介しましたが、お膝元スペイン・バルセロナでは発売するやいなや店頭から消えてしまうのですね。ところが日本ではわずかですが手に入ります(2014年1月14日現在)。とすれば、輸送料や関税で多少高くなったとしても、日本で買えるということはとてもラッキーなことのようです。

ミニ講座をしてくださった店主さんにお礼の気持ちを込めて、土産用の赤ワインを1本選んで、とお願いすると、提示した予算よりもずっと安い、プリオラートD.O.Ca.Prioratの「1270 A VUIT 2008」を勧めてくれました。Celler Hidalgo Albertという家族経営のエコロジーワインだそうで、「ガルナチャを味わってみてくれ」とのこと。開けるのが楽しみです!
※感想はこちら♪

■MAS BACUS
C/Enric Granados 68
08008 – Barcelona 
+34.934534358
info@masbacus.es

※MAS BACUSではワインのテイスティングをはじめ、チーズやフランスシャンパンのテイスティングも行っているそうです。すべてグループで申し込んでほしいとのことでした。 

■フェレール・ボベFERRER BOBET取扱店/ワイナリー和泉屋
icon
icon

関連記事