プレディカドール PREDICADOR 2011を飲みました

スペインバルセロナの酒屋ビラ・ビニテカVILA VINITECAから持ち帰った「プレディカドール PREDICADOR 2011」を待ちきれず飲んでしまいました。

predicador600

色は濃厚なガーネット。プラムの香りと木の香り。上品な軽やかさと整った冷たさ。フレッシュな酸。まろやかな果実味。落ち着いた渋みがあり、なるほど~なと感じ入りました。テンプラニーリョのもうひとつの表現を知った気分。

しかし、、、実は10度にも満たない冷えた状態で飲みはじめてしまい、本来の魅力を充分に堪能できなかったかと想像します。不覚でした(涙。ググって見ると、2008年ものを探している業者さんもあり、、、せめてワインが温まるまで待つべきだったのに、どーかしていました。ねこに小判。

「プレディカドール PREDICADOR」は、あの「コンタドール」の生みの親ベンジャミン・ロメオBenjamín Romeo氏が、万人のために造り上げたワイン。「プレディカドール PREDICADOR2011」はペニン・ガイドJosé Peñin2014でも高評価を獲得しています。。。あ~。もし正しい状態で飲んでいれば、、、どう感じたのでしょう。

いずれにしても、うっかり抜栓し、うっかりみんな飲んでしまったことを激しく悔やんでいます。。。

predicador_back600

❖deta❖
PREDICADOR 2011

BODEGA CONTADOR←写真がとっても美しい!!

D.O.Ca. Rioja
14,5% Vol.

原料 TEMPRANILLO 91% , MAZUELO(カリニェナ) 1%

樽熟成 16カ月
サービス適温 
16~18℃(←涙)

関連記事