ワイン講座「サンティアゴ巡礼の道のワイン」その6

D.O.バルデオラスValdeorrasでは、話題の品種ゴデーリョgodelloを堪能しました。

godival600

D.O.バルデオラスは、スペイン北西部ガリシア州オレンセ県のシル川流域に広がる地域。近年、一躍脚光を浴びた優れた白ワインの産地です。その立役者ともいうできブドウ品種がゴデージョ。「骨格がしっかりしていて、フローラルなアロマ、デリケートでスムーズな口当たりが特徴」。そして「非常に複雑な味わいでしなやかな飲み心地をもつ」とセミナーの印刷物にあるとおり、素晴らしい白ワインを造ります。

試飲したワインは「ゴデヴァル Godeval 2012」と「ゴデヴァル セパス ヴィリャス Godeval Cepas Vellas 2011」。ともにゴデーリョ100%です。

godevalanejo_600

小型ステンレスタンクでその涼やかな特徴を引き出した「ゴデヴァル Godeval 2012」はフレッシュでバランスがよく上品な味わい。一方、「Cepas Vellas/古株」という意味をもつ「ゴデヴァル セパス べーリャス」は、ゴデバル社の畑の一番古い木から採れるブドウを使用したシュルリー熟成のワイン。口に含むと熟成の進んだ円やかさ、微かな甘み、花のような風味を感じます。そしてその佇まいはフレッシュそのもの! 

そもそもこのゴデーリョ種は、バルデオラス周辺の原生種。1970年代にゴデージョだけで造ったワインが驚きとともに認知されると植樹が進んだそうです。栽培してみれば、ゴデーリョ種の早熟という特徴が秋に雨量の多くなるこの地にうってつけであることも判明し(ICEXスペインワインガイドブックより)、よいことずくめ。自然環境の下、やはり原生には道理があるということでしょうか。

❖deta❖
ゴデヴァル Godeval 2012
Bodegas Godeval
13% Vol.

原料 Godello 100%
サービス適温 6〜8℃

❖deta❖
ゴデヴァル セパス ヴィリャス Godeval Cepas Vellas 2011
Bodegas Godeval
13% Vol.

原料 Godello 100%

サービス適温 8〜10℃

スペイン最西端D.O.リアス・バイシャスの主品種アルバリーニョalbariñoのワインもいただきました。アルバリーニョの9割はこのD.O.リアス・バイシャスで作られているそうです。話はちと飛躍しますが、ガリシア原生種アルバリーニョalbariñoから造られたワインとガリシア地方名物の魚介料理とのマリアージュは互いのよさを十二分に引き出すこの上ないもの。こちらも気候風土に道理のある関係なのでしょう。不思議なものです。

テイスティングに並んだのは「マル・デ・エンベロMar de Envero」「トロウペTroupe」「マーティン・コダックMartín Codax 2011」。いずれもアルバリーニョ100%です。

「マーティン・コダックMartín Codax 2011」は豊かなフルーツの香り、青りんごを思わせる風味にエレガントな酸味・・・。懸命につたないメモをとっていたのですが、、、そろそろ電池切れ。良い気分で酔ってしまい、「おいしい」とか「好きだ」とかのいつもの原始的、かつ信頼できる(自分比)印象しか残らなくなってしまいました。なにしろ会場はすっかり飲み会ムード。「おかわり」コールが出てしまうほど盛況なテイスティング・セミナーって、なかなかありません。

美味しいパエーリャも用意され、盛り上がらない理由はなにひとつ見あたらず(笑。

paella600

ポストレ(デザート)にはマーティン・コダックMartín Codax社の「アグアルディエンテ ブランコ Aguardiente Blanco」がふるまわれました。

orujomartincodax600

「オルッホ Orujo」と呼ばれる蒸留酒です。日本ではおそらくイタリアのグラッパほどには知られていませんが、スペインの火酒。忘れてはなりません。

アルコール度数は42℃。小さなグラスでいただきます。食事の後、デザートのときにいただくもので、高いアルコール度数が気になるどころか、スルスル~ッとおいしくいただけます。マーティン・コダックMartín Codax社の「アグアルディエンテ ブランコ Aguardiente Blanco」は雑味がなく、真っ直ぐで、大変好みでした〜〜♡

❖deta❖
マル・デ・エンベロ Mar de Envero 2011

Mar de Envero
D.O.リアス・バイシャス
13% Vol.

原料 albariño100%

樽熟成 8カ月

サービス適温 11〜12℃

❖deta❖
トロウペTroupe 2012
Mar de Envero
D.O.リアス・バイシャス
12.5% Vol.

原料 albariño100%


サービス適温 8〜9℃

❖deta❖
マーティン・コダックMartín Codax 2011

Bodegas Martín Codax
D.O.リアス・バイシャス
12.5% Vol.

原料 albariño100%
サービス適温 12℃

「スペイン巡礼の道」という楽しいテーマとともにたどったワイン講座。おいしいスペインワインを楽しむだけではなく、ちょっとかしこくなったような気がして大満足のセミナーでした。盛り上がった参加者さんの多くはそのまま、主宰者のスペインクラブが経営する、セルバンテス東京7Fメソン・セルバンテスに場を移しさらなる宴を楽しんだようです。スペインワインってほんとうにいいですね。

スペインは現在ワインツーリズムにも力を入れています。せっかくなら一生に一度、ワインでたどる「スペイン巡礼の道」を実地に体験できたら・・・なんて夢も広がります。スペインワインの楽しみはつきません。

spainclub600

※本レポートは2013年10月に「セルバンテス文化センター東京」で行われたワイン講座「サンティアゴ巡礼の道のワイン」のものです。

関連記事