コルドバギターフェスティバル

パコ・デ・ルシア、マノロ・サンルーカル、ビセンテ・アミーゴなど名高いフラメンコギタリストを輩出してきたことでも知られる、スペイン・コルドバのギターフェスティバルが、今年で31回めを迎えます。

cordoba_guitarrista

例年通り7月の数週間に渡って行われるそうですが、その祭典に合わせてコルドバでコンサートを開くというのが、往年の、というか、現役の、というか、あの、ZZ TOP。

el festival internacional de la guitarra

祭典では、ギターコンテストのほか、クラシックギター、モダンギター、フラメンコギター、さらには、フラメンコカンテ、バイレのクラスも開催されます。
また、街の名立たる広場では、さまざまなコンサートが夜な夜な開かれるという、ギター音楽好きにはたまらない、夢のようなギターの夜、夜、夜(涎。

また古都コルドバは、エキゾチックなメスキータ寺院をはじめ、ローマ橋や石造りの家が並ぶ、何度でも訪れたいと思うほど美しい街。ビールが旨けりゃ、タパスも旨い。煮込みも美味い!

そんな魅力的な街の音楽フェスティバルでは、フラメンコというお家芸を持ちながらも、それだけに狭めず、ジャズやモダン、クラシックギターの著名アーティストのコンサートといった、幅広いプログラムが組まれます。その包容力こそが、フラメンコギターの歩みを止めない魅力に貢献しているのかもね。

とにもかくにも、耳の肥えた聴衆をあらゆるフレーズとリズムで、うっとりさせてしまう音楽の夏が始まります。。。

にゃらば、今年はせっせとスペイン語を勉強し、フラメンコCDを購入&聴き込んで、日本経済にちょこっと貢献しながら、より濃厚に堪能できる来年以降を目指す・・・これが私の密かな目標です♡

関連記事