『フラメンコ・フラメンコ』

スペイン映画の巨匠カルロス・サウラが、名作『FLAMENCO』の、15年ぶりの続編となる『フラメンコ×フラメンコ』を撮影中!のニュース。スペイン語ですが、興味のある方はどうぞ。

http://www.abc.es/20091110/cultura-cine/carlos-saura-vuelve-subirse-200911102022.html

95年公開『FLAMENCO』でもコンビを組んだ、イタリア人カメラマンVittorio Atoraro と、今回も艶のある映像を見せてくれそうです。

セビージャの撮影現場には、人気バイラオーラ(踊り手)のサラ・バラスをはじめ、天才踊り手と謳われながら、交通事故を起こし、長いこと服役していたファルキート、世界の宝物級踊り手、エバ・イエルバブエナ、また男性では重鎮のバイラオール、イスラエル・ガルバンなど、そうそうたる顔ぶれが訪れ、カメラの前で見事な芸を披露中。

また、ペネロペ主演の映画『ボルベール』のテーマ曲で、日本でも知られるようになった、歌姫エストレージャ・モレンテも、類い希な美声を聴かせてくれたようです。フラメンコギターでは、大御所マノロ・サンルーカル、ジャンルを越えて超有名人になっちゃったトマティートも出演。いったいどんな演奏を聴かせてくれるのか楽しみでなりません。

それにしても、世界屈指の素晴らしい芸能フラメンコ。入口は針のように狭いのですが、うっかり好きになったら、二度とやめられません。深遠な魅力がどす黒く渦を巻いたかと思えば、朝露のように輝く・・・摩訶不思議な世界に、ぜひ一度触れてみてはいかがでしょ。

この『Flamenco flamenco』の公開は2010年の秋以降となりそうです。

関連記事