クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン 堀越千秋

昨年10月の、日本フラメンコ界の重鎮、画家・堀越千秋氏の訃報に、多くのファンが涙したことでしょう。半世紀をスペイン・マドリードに暮らし、フラメンコの世界にも精通し、カンテと呼ばれるフラメンコの独特な歌唱にも親しみ、フラメンコ・ヒターノ(ジプシー)のサラブレット、アグヘータ一族との深い交流を綴った軽妙なエッセイをフラメンコ専門誌『パセオ・フラメンコ』に寄稿するなど、多岐におよぶ才能を発揮した大人物です。

長くなってしましましたが、同氏の逝去を悼み、セルバンテス文化センター東京では、昨日から明日までの3日間の会期で、「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン 堀越千秋」が開催されます。堀越氏の尽力により実現した「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」。今公演は、その立役者へのオマージュ。魂を揺さぶられる公演となるはずです。

出演は日本フラメンコ界の頂点を極めるスターたち。チケットが手に入るなら(もう手に入らないと思いますが)、ぜひとも出掛けたいところ。観劇したはずの友人から初日の舞台の様子が聞けたら、また報告したいと思います。

クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン堀越千秋
出演者:
4月6日(木) 18:00開場/18:30開演
 高橋英子、
鍵田真由美、
エンリケ坂井、
小島章司
4月7日(金) 18:00開場/18:30開演 
小島慶子、
森田志保、
沖仁、
小松原庸子
4月8日(土) 14:30開場/15:00開演
 梶山綾沙、
松丸百合、
AMI、
徳永健太郎・康次郎
 アントニオ・アロンソへのオマージュ
*内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

chiaki horikosi Official Website