ゴデーリョ100%ワイン見本市(その1)

5月13、14日の2日間、東京・北青山で、スペインワイン展示会「ビナリトゥール」が行われました。

a coroa 350

スペイン各地の14社のワイナリーと販売会社が出店しましたが、なかでも注目を集めていたのが、ガリシア州のD.O.バルデオラス7社のゴデージョ種を100%使用した白ワイン。夏日となった両日、駆けつけたバイヤーたちの舌とノドを大いに楽しませていたようです。

日本でよく知られるスペインワインの生産地といえば、特選原産地呼称(以下、D.O.Ca.)リオハやプリオラト、原産地呼称(以下、D.O.)リベイラ・デ・ドゥエロなど。またスペインに詳しい人なら、白ワイン・アルバリーニョで知られる、D.O.リアス・バイシャス、フランスのシャンパーニュと同じ製法で作られる発泡酒カバを製造するD.O.ペネデスもご存知でしょう。酒精強化ワイン(シェリー酒など)で知られる、アンダルシア・カディス県のD.O.ヘレスも英語表記「シェリー」とともに世界中の愛好家に記憶される生産地です。

スペインにおける原産地呼称制度の話はべつの機会に譲るとして、そうやって数え上げてみると、スペインには有名なワインの産地がいくつもあり、その世界はとても奥が深く、しかも新しい世代が次々に魅力的なワインをリリース中。いずれのワインも個性があり美味しく、シチュエーションに合わせて楽しめます。

今回のスペインワインの見本市では嬉しい発見がたくさんありましたが、中でもはじめて飲んだD.O.バルデオラスのゴデーリョワインに驚かされました!

つづく。

関連記事