クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン 堀越千秋

昨年10月の、日本フラメンコ界の重鎮、画家・堀越千秋氏の訃報に、多くのファンが涙したことでしょう。半世紀をスペイン・マドリードに暮らし、フラメンコの世界にも精通し、カンテと呼ばれるフラメンコの独特な歌唱にも親しみ、フラメンコ・ヒターノ(ジプシー)のサラブレット、アグヘータ一族との深い交流を綴った軽妙なエッセイをフラメンコ専門誌『パセオ・フラメンコ』に寄稿するなど、多岐におよぶ才能を発揮した大人物です。

続きを読む

共感を呼ぶ詩人、アナ・エレナ・ペナ

たくさんの顔を持つスペイン人アーティスト、アナ・エレナ・ペナ。作家であり、詩人、画家でもあり、彼女の自由な言葉は多くの共感を読んでいます。

以下は「Corazón 心」と題された詩。

aquí mando yo,
desede que me lavando hasta que me acuesto.
YO,
reina absoluta de mi propio reino
(ingobernable a veces)
me castigo de vez en cuando por insubordinada y rebelde,
me premio por fiel,

y me quemo por bruja.

                     Ana Elena Pena

(訳してみました。。。)

続きを読む

カルメン・ピナートの「木の光」展@スペイン大使館

スペイン人画家カルメン・ピナートCarmen Pinartの日本初の展覧会がスペイン大使館であると聞き、オープニングに出掛けました。「LA LUZ DE LA MADERA〜木の光〜」と題した個展で、作品点数は少なかったのですが、随所からわき上がる彼女の世界観にうっとり。。。

carmenpinart_2

続きを読む

6月27日は名古屋で「ガウディの建築」講演会

バルセロナを拠点に半世紀かけてガウディを研究する丹下敏明氏。このほど故郷の名古屋で、ガウディ建築についての講演会が開かれることとなりました。

アントニ・ガウディは研究が進むほどにその偉大さが解き明かされる希有な建築家です。世界的な名声を得る現在もなおはびこるさまざまな誤解について、またその骨頂であるサグラダ・ファミリアについての興味深い史実と考察が展開される予定。
ガウディファンならずとも出掛けてみたい講演会です。

詳しくは下記まで。

sagrada1_600

続きを読む