『ミツバチのささやき』を観ました

ビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』を観てきました。
絵のような風景がゆっくりとつながって行く作品に、自分の昔の嗜好や思考、思想なんかを思い返しました。

以前も話題となったアナの演技には終始釘付け。演技じゃないでしょう?というくらい自然で。6歳の主人公自身にも判らない心のひだがそっと映し出される見事なシーンが積み重なり、物語を、ひと言では語れない味わい深いものにしています。

続きを読む

巨匠ビクトル・エリセ監督の作品上映

スペイン映画の中と言わず、今まで見た全ての映画の中で5本の指に入るほど好きな作品が、ビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』です。その続編とも言える『エル・スール』とともに、東京渋谷のユーロスペースで先週土曜日から絶賛上映中。

続きを読む

映画「シルビアのいる街で」

スペイン人監督ホセ・ルイス・ゲリンの長編映画「シルビアのいる街で/Dans la ville de Sylvia」を観ました。2007年に製作され世界各国で話題になり、ゲリン監督の名を一躍有名にした作品です。日本でも2008年東京国際映画祭、その後2010年に劇場公開され、高い評価を集めています。

lasmusasyg

今回は最新作「ミューズ・アカデミー/LA ACADEMIA DE LAS MUSAS」の上映に伴った特別上映会。写真美術館の企画です。

続きを読む

実験ドキュメンタリー『El Somni〜夢の饗宴(エル・ソムニ)』

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5感を刺激する「食」。皿の上に紡ぎだされる「料理」自体、ひとつの小宇宙だと思うのですが、その小宇宙に、さらなるディメンションを融合させてみようという実験ドキュメンタリー「El Somni〜夢の饗宴(エル・ソムニ)」(2013年、フランク・アルー監督)。第11回ラテンビート映画祭のオープニング作品として紹介されました(2014年9月)。

「EL BULLI エル・ブジ」と同じコスタ・ブラバ、古都ジローナの「El Celler de Can Roca エル・セジェール・デ・カン・ロカ」がイギリスのガストロノミー雑誌で世界最高峰レストランに輝いたのが、2013年。映画「エル・ソムニ」で、その名店を支えるロカ3兄弟が「料理」の可能性を模索します。「感動」だけではなく、「感情」を引き出すというもくろみ。さて、いかに?

Somni_a
ⓒEl Somni

続きを読む