11月22日上野通明さんの演奏をラジオで

昨夜、銀座 十字屋ホールで開かれた「上野通明 ヴォンヴォヤージコンサート」。幸運にも出掛けられた方から「昨夜も素晴らしかった!」という一報が入りました。

もうすぐ20歳になる上野さん。10代最後のコンサートのアンコールは、パリでの同時多発テロの悲劇を追悼してか、カザルスの『鳥の歌』だったそうです。

余談となりますが、「カタルーニャの鳥は、ピース、ピースと鳴きます」というカザルスの国連での演説は有名です。テロに対する憎悪が世界中で盛り上がり、フランスは「戦争」という言葉を使い、再びシリアの空爆をはじめました。その様子に、カザルスの母の「おまえは人を殺すためにも、人から殺されるためにも生まれてきたのではない」という言葉をふと思い出します。

さて、上野さんの演奏がラジオで流れるそうです。今月22日です。お聴き逃しなく!
NHK FM 7:20-8:20pm
東京フィル 第870回オーチャード定期演奏会から –
http://www4.nhk.or.jp/bravo/

春を告げる祭り「ラ・フェリア・デ・アブリル」

スペイン、アンダルシア地方のセビーリャがもっとも盛り上がる祭り「ラ・フェリア・デ・アブリルLa Feria de Abril」が今月21日からはじまります。毎年、セマナ・サンタSemana Santa(聖週間)の1、2週間後から始まるこの大祭は、春を告げる祭りとして有名。スペインはもとりより、国外からもたくさんの観光客を集めています。

フェリア女子軍団

続きを読む

上野通明さん国際コンクールで1位の快挙

爽やかな美音と称せられることの多い、上野通明さんのチェロ。日本の若手チェリストではナンバー1と目される上野通明さんが、この度「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」のチェロ部門で見事1位に輝いたそうです。

ヨハネス・ブラームス国際コンクールは今年で第21回目を迎え、現在ヨーロッパの権威あるコンクールのひとつ。ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、声楽、室内楽の6部門があり、なかでもチェロ部門は登竜門としての注目度が高いのだとか。

続きを読む