『朝食、昼食、そして夕食』その2

『朝食、昼食、そして夕食』を観ました!

comidas_flyer_omote_light

さまざまな食卓の風景に彩られた人生模様は、しみじみとして想像以上によかったです。
原題が『18 comidas』つまり「18回の食事」ですし、舞台が海の幸豊富なガリシアですから、料理にフォーカスしたものを想像していたのですが、「料理」というよりも「人」。日々の暮らしに寄り添う、いくつもの食卓、いくつもの人生の断片を映し出したものでした。観ているうちに食事を忘れ、いつだって心を満たし煩わせる、それぞれの人間模様に引き込まれてしまいます。。。

続きを読む

『朝食、昼食、そして夕食』

スペイン人は、とても食卓を大切にする国民かもしれないと思うことがあります。誰と食べるか、どこで食べるか、何を食べるか。そんなことを嬉しそうに思案する人たち。そんな様子を見ていると、こちらまで幸せな気分になるものです。
美味しいものや美味しいお酒を、好きな人と「一緒に」楽しめること。結構、原始的な歓びではありますが、それこそ、人生最大の愉しみかもしれませんね。

さて、美味しい素材が豊富に揃うスペイン。そのスペインにおいて、食通たちが一目置くのが、スペイン北西部ガリシア地方です。魚介類の宝庫ガリシア地方、サンティアゴ・デ・コンポステラの街を舞台に食の彩りをスパイスにした映画『朝食、昼食、そして夕食』が、4月下旬より新宿でロードショーされるそうです。朝食で始まった物語が、昼食、夕食へと思いがけない展開をみせるという、ウイットに富んだ人生劇場、らしい。
続きを読む