絵のあるまちバルセロナ

バルセロナに6年ほど暮らしたことがあります。魅惑的な街は世界中の人を惹きつけてやみません。
バルセロナのゴシック地区はどこを歩いても、まるで映画のワンシーンのよう。石畳の迷路のような小道からは中世の騎士が馬に乗って現れそうです。また19世紀に整えられた新市街へ出掛ければ、美しいアールヌーボー様式の建築物が立ち並びます。入り口から覗き込めば、天井に施された植物や動物、女神など贅沢な浮き彫りに驚かされるはずです。いつだって発見と興奮が、街のいたるところに待ち構えているのです。

つまり、散歩するだけで限りなく楽しい街でもあるのです。「アートな街」といったらよいでしょうか?
そっか、アートな街なんだ! と気づいたのは、実は、この絵本のおかげです。

絵のあるまち

続きを読む