電子書籍

先週、日本でもキンドルが発売されました。
キンドルとは、電子書籍端末の名前だけかと思っていたら、amazonの電子書籍配信サービスもkindle(ストア)と呼ばれているのだとか。
ちんぷんかんぷんです(笑。

電子書籍の代名詞ともいえそうな、キンドルの上陸に、逆らいがたい時代の流れを感じて、ひとしきり複雑な思いでいましたが、スペインの友人が、その kindleストアから小説を出したと聞いて、さらに複雑な思い。
いや、これは喜ばしいことです。

続きを読む

モリスコの歴史

東京・四谷にある、セルバンテス文化センターでは、スペイン好きには目の離せない文化イベントをいろいろ開催しています。
内容が充実していて、しかも入場無料。
そんなセルバンテスで、またもや気になる講演会を発見!

9月18日(土)14時から予定される「モリスコ追放から400年を迎えて」と題した、スペインレコンキスタ後の改宗を強いられたイスラム教徒たちの歴史を紹介する
レクチャー&映画上映会です。
個人的に注目しているのは、19時から予定される、イスラム時代のアンダルシア音楽コンサート。11世紀頃に始まり、レコンキスタ後もキリスト教徒たちを魅了し続けたイベリア・イスラム音楽の断片を聴くめったにない機会になるはずです。
イベリア半島を渡ってヨーロッパに広まったとされるリュートの原型楽器ウードも登場するはずで
あああ、聴かずしておれようか、生ウード。。。

だがしかし、うーーー(涙。
18日は、友人の墓参り。
この日ばかりは、どーにもこーにも無理そうなのでした。
・・・もう一日追加講演をしてもらえないものだろうか。。。

◇参加希望者はメールにて申込みが必要
セルバンテス文化センター
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm